現在のページ: ホーム > All Products > アドオン > コラボレーション > Calendar Rollup

サポート言語: 英語、ドイツ語、日本語

システム要求事項

SharePoint 2016:

操作システム:

Microsoft Windows Server 2012 StandardまたはDatacenter X64

サーバー:

SharePointリリース:

- Microsoft SharePoint Server 2016

- Microsoft .NET Framework 4.6

ブラウザ:

Microsoft Internet Explorer 8/9/10

Mozilla Firefox

Google Chrome

SharePoint 2013:

操作システム:

Microsoft Windows Server 2012 StandardまたはDatacenter X64

Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1

サーバー:

SharePointリリース:

- Microsoft SharePoint Foundation 2013またはMicrosoft SharePoint Server 2013

- Microsoft .NET Framework 4.5

ブラウザ:

Microsoft Internet Explorer 8/9/10

Mozilla Firefox

Google Chrome

SharePoint 2010:

操作システム:

Microsoft Windows Server 2008 x64

Microsoft Windows Server 2008 R2

サーバー:

SharePointリリース:

- Microsoft SharePoint Foundation 2010またはMicrosoft SharePoint Server 2010

- Microsoft .NET Framework 3.5

ブラウザ:

Microsoft Internet Explorer 8以降が、高度な管理機能の使用で推奨されます。

Mozilla Firefox

Google Chrome

リリースノート

3.0.911.0

2017年9月15日

新しい機能:

- Exchange 2016やExchange Onlineからのイベントの追加をサポート。

- Webパーツのすべてのカレンダーにデフォルトの色を設定。

- カレンダーイベントのアクセス制御を追加。イベントアイテムを追加、編集、削除できるユーザーを指定可能。

- 複数のタイプの列をベースにしたイベントの色分け。

- イベントをフィルタリングするための日時列の拡張条件。

2.13.1020.0

2016年10月20日

新しい機能:

- SharePoint 2016に対応できる。

2.12.407.0

2016年4月7日

バグの修正:

- 月ビューがデフォルトで設定されていない場合、基本設定で「すべてを拡張する」を選択するとJS エラーが発生する。

- ドラッグした後、ツールチップでSharePointリストの終日イベントに表示される時間が間違っている。

2.11.209.0

2015年2月10日

新しい機能:

- イベントのフィルタ時に選択または管理メタデータ列の選択を表示。

バグの修正:

- ETC番号タイプをフィルタするときにエラー「指定キャストが有効でありません。」が表示される。

2.10.105.1

2015年1月6日

新しい機能:

- Googleカレンダーに接続するときの新しいGoogle API との互換性。

2.9.616.0

2014年6月16日

新しい機能:

- フィルタ機能が向上して、"AND"および"OR"演算子が使用できるようになりました。

バグの修正:

- ユーザーがアクセスできないデータソースを含むCalendar Rollup Webパートにアクセスするとき、アクセス拒否エラーが発生する。

2.8.328.0

2014年3月28日

新しい機能:

- ExchangeまたはGoogleカレンダーがCalendar Rollupに接続されているときのロード速度が向上しました。

2.7.228.1

2014年3月5日

新しい機能:

- アジェンダビューでの列のカスタマイズをサポート。

- Exchangeカレンダーの個人イベントの詳細を非表示。

バグの修正:

- カレンダーのイベントが行外に表示される。

2.6.1127.0

2013年11月28日

新しい機能:

- カレンダータイプが「SharePoint List」での、タイトルでマップする計算列のサポート。

2.5.1023.0

2013年10月24日

バグの修正:

- 月/週ビューで、サマータイムが終了する週の最終日のイベントを表示できない。

- タイトルがサイト列にマップされ、サイトの名前が変更された場合、カレンダーのイベントを表示できない。

2.4.918.1

2013年9月18日

新しい機能:

- Exchangeの予定表で場所と組織者のイベントバーへの追加をサポート。

- 必須の出席者、オプションの出席者、組織者の各フィールドの表示をサポート。

- カレンダーセレクタのドロップダウンリストでカスタマイズされた色を表示。

- Column View Permissionと互換性有り。

- 1つのSharePointリストを同じカレンダーWebパーツに複数回加えることができる。

バグの修正:

- イベントバーの開始時間とタイトルの間のスペースが欠落している。

- カスタマイズしたスタイルを使用したときイベントバーを表示できない。

- カレンダータイプがSharePointのとき、終日イベントの最終日が表示されない。

- 「Internet Explorerセキュリティ 強化の構成」が有効なときPDFを印刷できない。

2.3.627.1

2013年6月28日

新しい機能:

- アジェンダビューで週ごとのイベントを表示する。

バグの修正:

- IE10におけるイベント編集フォームのUIエラーを修正。

- 公開サイトで、Calendar Rollup Webパートが挿入されたとき、ドキュメントライブラリへのアクセスに失敗する。

- 無効な交換データソースを追加時に、アジェンダビューのイベント表示に失敗する。

- 代替のURLからカレンダーロールアップにアクセスしたとき、ツールチップのルックアップ列およびユーザー列で常にデフォルトのURLになる。

2.2.508.1

2013年5月10日

新しい機能:

- 会社のブランド名を更新

2.1.321.0

2013年3月22日

新しい機能:

- SharePoint 2013において日本語&ドイツ語対応

2.0.304.3

2013月3月6日

新しい機能:

- 予定一覧ビューが利用可能。

- イベントをフィルタには条件が利用可能。

- リストビューが対応。

- イベント種類によると色分ける。

1.5.1226.0

2012年12月26日

新しい機能:

- SharePoint 2013対応

1.3.201.0

2012年5月16日

バグの修正:

- 日本語の環境で、SQLサーバーのデータから外部コンテンツを作成する際に生じたバグ

1.2.1024.0

2011年10月24日

多言語対応:

- ドイツ語対応

- 日本語対応

1.0.729

2011年8月2日

販売開始

Our Customers
Trusted by over 10000 companies